変態牝奴隷に堕ちる人妻熟女たち

変態牝奴隷になることが、本人と周囲の両方にとって幸せな人妻熟女たちがいる。セックスで性奴に堕ちるのは、知性や美貌や育ち、表面上の性格とは無関係な「牝の血(DNA)」ゆえかもしれない。

表の上側
人妻熟女は、変態牝奴隷になるのが幸せか?

 この「変態牝奴隷に堕ちる人妻熟女たち」は、成人向けです。18歳未満の方は読んではいけません。すぐにブラウザを閉じてください。

 また、掲載されている情報を閲覧することで生じたすべての問題、損失、損害について、当サイトは一切責任を負いかねます。くれぐれも、自己責任においてお読みになるよう、お願いいたします。

~~~~~~~~

 すべての人妻や熟女が、変態である訳がない。ここでいう「変態」は変態性欲のことである。様々な理由からセックスが嫌いな女性もいる筈だし、トラウマによって性的な快感を得る回路が閉じている人妻熟女もいる。人それぞれなのは確かだ。

 変態性欲に溺れてしまうのは、大別して二つのタイプがいるように思う。一つは性的刺激に対して敏感な人妻熟女たち。もう一つは、精神的に愛し愛されることを求め続ける女たち。男性に例えれば、前者がカザノヴァ、後者がドンファンと言えるだろうか。

 女性にもサディストはいるが、女という性にはマゾヒズムがよく似合う。もちろん、生まれながらの女王様というS女性も存在するが、比率からすれば、本人も周囲もM女性である方がしっくり来る女性が多いはずだ。

 変態であるということは、恥ずかしいことではない。ただ、人妻として熟女として、危険な世界の近くに身を置いているのは確かだ。

 自分に合った良きパートナーに出会い、性的に充足した生を謳歌していただくことが、喜びを生む道だと思う。それが本人にとっても、恋焦がれる男たちにとっても幸せな成り行きだと考える。


「 変態牝奴隷に堕ちる人妻熟女たち 」に関するご感想等は、こちらから → 【メールフォーム】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。