変態牝奴隷に堕ちる人妻熟女たち

変態牝奴隷になることが、本人と周囲の両方にとって幸せな人妻熟女たちがいる。セックスで性奴に堕ちるのは、知性や美貌や育ち、表面上の性格とは無関係な「牝の血(DNA)」ゆえかもしれない。

表の上側
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
熟女ヌード
 大雑把に分けて、男には二種類いる気がする。一つは、自分が歳を取るとともに好みの女性の年齢層も上がるタイプ。もう一つが、好みの女性の年齢が、自分自身の年齢に無関係に固定されているタイプ。前者は更に二種類に分かれる。ほぼ同じ幅を保ったままでスライドするパターンと、若い子好きはそのままに上の許容範囲が広がるパターン。

 好みの年代が固定されているタイプにも、二つある。平たく言えば、若い子が好きな男と熟女好みの男だ。対象年齢が著しく若い場合、ロリータコンプレックスと見なされ、逆に著しく高い場合は老女趣味となる。何度も離婚・結婚を繰り返すが、奥さんが決まって二十代というパターンは、ストライクゾーンがその辺り固定だということだろう。
この記事の続きを読む >>
テーマ:淫らな肉体 - ジャンル:アダルト
人妻・熟女の性 | 2011/05/08(日) 18:00:00
恋愛とセックス
 すべての恋愛にセックスが不可欠かと言えば、そうではないだろう。異性に対する思慕の中には、肉欲の方向に向かわないものもある。一つは恋愛感情を抱く側が、そうした欲望を持ちにくい性格・状況・年齢等であるケース。二つ目は、相手がとても高貴で清楚で、セックスの対象としては見れないというケース。

 そして三番目が、互いの関係がセックスを望んではならない性質のものであるケースだ。例えば、既婚女性に対する恋慕、肉親に対する想いといったものがこれにあたる。ただ、これらは社会的なタブーなのだが、相手が結婚していると知らずに、あるいは別々に育った等の理由で血が繋がっていると知らずに、セックスの欲求を感じることはある筈だ。
この記事の続きを読む >>
セックス | 2011/05/06(金) 18:00:00
人妻のパンチラ
 人妻というものは、あくまでも清楚であっていただきたい。何でも舞台裏は大変なのはよく分かるが、映画「さびしんぼう」の立花百合子のように「美しい方の横顔だけを、あなたはずっと見ていてください」というスタンスでいて欲しい。それでこそ、世の独身男性は既婚女性に対する憧憬を失わずに済むのだから。

 一方でパンチラとは、女の油断の象徴のようなものだ。女性にしてみれば男の卑しさの象徴かも知れないが、特に見る気はなくとも、思わず目が吸いつけられれてしまうというのはある。パンチラを見ている自分の姿に気づかれるのは、男としてとても決まりが悪いので、チラ見することになる。多くの場合、ガン見は難しい。
この記事の続きを読む >>
人妻・熟女の性 | 2011/05/04(水) 18:00:00

「 変態牝奴隷に堕ちる人妻熟女たち 」に関するご感想等は、こちらから → 【メールフォーム】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。