変態牝奴隷に堕ちる人妻熟女たち

変態牝奴隷になることが、本人と周囲の両方にとって幸せな人妻熟女たちがいる。セックスで性奴に堕ちるのは、知性や美貌や育ち、表面上の性格とは無関係な「牝の血(DNA)」ゆえかもしれない。

表の上側
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
羞恥は快感への近道
 恥ずかしがることで、感度が増す女性は多い。これは女性の羞恥心を上手にコントロールできれば、性感を大幅にアップさせることが出来るということだ。

 何を恥ずかしいと感じるかは、年齢や性経験とともに変化してくる。たとえば処女の場合、相手が好きな人であったとしても、男性の目の前で裸になるだけで、強い恐怖と羞恥心を感じる人もいる。しかし、その同じ女性が性経験を重ねてゆくに連れ、セックスのために服を脱ぐのを、それほど恥ずかしいとは感じなくなってくる。

 それは、セックス=「二人が裸になって、寝室で灯りを絞って行うもの」という常識が、彼女の中に定着するからに他ならない。行為そのものに対する慣れもあるが、自分にとっての当たり前が確立することが、羞恥心が抑えられてしまう主たる要因だ。
この記事の続きを読む >>
人妻・熟女の性 | 2011/07/22(金) 18:38:10
Gスポット
 Gスポットの開発は、セックス調教を行う上で最初の関門といえるかもしれない。熟女人妻の場合、クリトリスは性感はかなり開発されているが、Gスポット、ポルチオ、アナルについては開発が十分でないことが多い。

 Gスポットは個人差は若干あるものの、膣に第二関節(指先から数えて2番目の関節)の辺りまで指を入れ、探った辺りにある。そんなものはないという意見もあるようだが、ほとんどの女性にはあるのではないかと思う。

 熟女や人妻(具体的には経産婦)は、出産によって膣が柔らかくなっている。これは開発のための準備が整っているということでもあり、Gスポットも更なる性感開発が期待できる部位である。
この記事の続きを読む >>
テーマ:熟女・人妻 - ジャンル:アダルト
セックス | 2011/07/16(土) 09:08:06
クンニリングス(2)
 人妻熟女のタイプにもよるが、最初から性器に指や舌で触ることは嫌がられることが多い。事前にエロい気分が高まっていて、どうにも待ちきれないという場合は例外として、周辺から徐々に攻めていくのが得策といえる。
 
 クンニリングスで刺激するのは、(1)陰唇、(2)クリトリス、(3)膣内、(4)その他ということなる。このうちの(4)は、具体的にはアヌスや会陰などである。肛門への口唇愛撫はアリニングスと呼ばれ、クンニリングスとは区別されている。
 
この記事の続きを読む >>
テーマ:淫乱人妻 - ジャンル:アダルト
セックス | 2011/07/01(金) 19:40:39

「 変態牝奴隷に堕ちる人妻熟女たち 」に関するご感想等は、こちらから → 【メールフォーム】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。