変態牝奴隷に堕ちる人妻熟女たち

変態牝奴隷になることが、本人と周囲の両方にとって幸せな人妻熟女たちがいる。セックスで性奴に堕ちるのは、知性や美貌や育ち、表面上の性格とは無関係な「牝の血(DNA)」ゆえかもしれない。

表の上側
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小説におけるエロ
 小説という表現形式には、原則として画像情報はない。原則として、というのはビジュアルノベル(ノベルゲーム、サウンドノベルとも呼ぶ)のように、画像的な視覚表現が重要な要素となるものもあるし、紙媒体でも挿絵というものが存在するからである。ただし、後者の場合は補助的なものであり、前者は小説とは別の媒体と見なすことができる。

 絵や写真を伴わないということは、裏を返せば自由に組み立ててよいという事でもある。小説とは、文章を媒体として読者自身が登場人物の容姿を自由にイメージするものだと言える。イメージは人物以外の風景に対しても可能だし、匂いや肌触りといった他の五感要素についても同様である。
 上記を前提として考えた場合、エロマンガやヌードグラビア、アダルトビデオ等と違い、エロ小説は脳内変換を要する表現形態だと分かる。もちろん、他のメディアでも多かれ少なかれ変換はされているだろうが、イメージが画像によって固定されるため、その自由度は相対的に小さい。

 つまり、エロ小説には、読者が自分好みのヒロインを創作可能であるという長所がある。逆に、その変換作業がスムーズに行えない場合、ストレスを生む事になる。エロ小説をいわゆる「おかず」として使用する場合に、その傾向は顕著だろう。抵抗なく理解でき、具体的なイメージを結ぶ文章が望ましいことになる。

 文法的な間違いや耳になじまない表現は、エロい思考を止めてしまいがちである。とは言っても、余りに微に入り細を穿ったような文章では、小説というイメージ自由度の高い表現形態を採ることのメリットが薄れる。絵や写真や映像で、ズバリ表現した方がよほど効率的だということになる。

 なので、読者にとって適度な具体性を持たせつつ、欲望を掻き立てるような書き方が望まれることになる。但し、この「適度な」は読者層によってかなり違うと思われるため、書き手は試行錯誤を繰り返しつつ、程よいバランスを模索してゆく事になるだろう。


変態とエロス | 2011/04/12(火) 18:00:00

「 小説におけるエロ 」へのご感想等は、こちらから → 【メールフォーム】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。