変態牝奴隷に堕ちる人妻熟女たち

変態牝奴隷になることが、本人と周囲の両方にとって幸せな人妻熟女たちがいる。セックスで性奴に堕ちるのは、知性や美貌や育ち、表面上の性格とは無関係な「牝の血(DNA)」ゆえかもしれない。

表の上側
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人妻のヌード写真
 人妻は、貞淑であって欲しい。なぜなら、貞節を保っている彼女たちを掻き口説き、その柔肌を衆人の目に晒すことが大きな喜びとなるからだ。若い独身の女の子であれば、自分の生きたいように生きることが比較的容易にできる。しかし、人妻ともなれば、家族に対して妻として嫁として関わっている。娘としてしか参加していない女性とは、その立場が大きく異なる。

 一方で、Winy等でプライベートな画像が流出した事件の中には、恋人同士だけでなく夫婦間で撮影したものもあるらしい。つまり、妻のヌードを夫が撮っていたというケースだ。流出してしまい、多くの人の目に触れるのはごく一部に違いないから、世の中に当事者だけが楽しんでいる人妻ヌード写真は、数多あるという事だろう。
 インターネットが当たり前になった現代では、自分の妻をモデルにしたヌード写真を、上記の流出のような事故でなく、自らの意思でサイトで公開している人たちもいる。有料コンテンツとして提供している人もいれば、無料で閲覧可能なサイトもある。有料であっても、一部はサンプルとして公開されていることが多い。

 雑誌のグラビアを飾るヌード写真と比べると、アマチュアなので当然だが撮影技術は劣っている。撮影場所も、ホテルのベッドの上だったり、一般住宅の部屋の中だったりして、実に日常的な風景だ。また、中には例外もあるが、モデルのプロポーションも相対的に劣っていると言っていい。

 局部は当然として、顔にもモザイクが掛かっていることが多い。つまり、ヌード写真としては非常に中途半端なものだ。しかし、それに対して激しく欲情する男たちがいる。それは、被写体が人妻であるというのが大きく作用しているに違いない。普通だったら、決して見る事の叶わないヌード写真なのだ。

 夫が撮影した写真だけではない。不倫相手が撮影したというヌード写真も、そうした画像専門の掲示板にはたくさん投稿されている。好みにもよるだろうが、不倫相手よりも夫が写した写真の方に、その歪んだ愛情の発露がより明確に見える場合が多い気がする。


人妻・熟女の性 | 2011/04/14(木) 18:00:00

「 人妻のヌード写真 」へのご感想等は、こちらから → 【メールフォーム】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。