変態牝奴隷に堕ちる人妻熟女たち

変態牝奴隷になることが、本人と周囲の両方にとって幸せな人妻熟女たちがいる。セックスで性奴に堕ちるのは、知性や美貌や育ち、表面上の性格とは無関係な「牝の血(DNA)」ゆえかもしれない。

表の上側
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セックス体験談
 セックスの体験を語ったり、聞いたりすることがある。また、そうした内容を書いたり読んだりすることもある。セックスとは自分でしてこそ気持ちのいいモノ。他人の話を聞いて何が楽しいのかという見方も出来るが、現実にはそれなりに興奮もする。それは何故なのだろうか?

 当たり前の話と言えばそうだが、他人のセックス体験談が面白く、時にはとても興奮できるのは、自分の経験とは違っているからに他ならない。セックス未経験者にとっては、全ての体験談が自分にとっては未知の世界の話だ。いつか自分も同じ状況に臨んだ時のためというのもあるだろうし、単純に興奮したいというのもあるだろう。
 異性のリアルなセックス体験談というのも、自分が絶対に経験できない内容であるという点で、聞いていてとても面白い。また、セックスの相手に対してどう働きかけると効果的か、そのヒントがもらえるというメリットもある。

 話し手が同性で、かつ自分もセックスの経験がある場合はどうなのだろうか。興奮できる条件としては、自分の経験との違いがあることが一つ。そして、その内容が自分の性的嗜好に合っていることが二つ目だろうか。スカトロ趣味が無いのに、延々とその手の話をされても困るだけだろう。

 その場合の「違い」には、相手の違い、行為内容の違い、シチュエーションの違い等がある。有名人や近親者との性行為は「相手の違い」による興奮であるし、アナルセックスや緊縛セックスは「行為内容の違い」、野外での性行為や複数プレイは「シチュエーションの違い」と分類できる。

 セックス体験談は、それが実話であることを必ずしも必要としない。自分が、その話を実話だと信じることが出来る程度にリアルであればいい。聞く側はアラ捜しをする積りは無いことが多いので、筋立てはかなり恣意的でもよいと考えられる。

セックス | 2011/04/20(水) 18:00:00

「 セックス体験談 」へのご感想等は、こちらから → 【メールフォーム】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。