変態牝奴隷に堕ちる人妻熟女たち

変態牝奴隷になることが、本人と周囲の両方にとって幸せな人妻熟女たちがいる。セックスで性奴に堕ちるのは、知性や美貌や育ち、表面上の性格とは無関係な「牝の血(DNA)」ゆえかもしれない。

表の上側
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エロ画像の楽しみ
 エロ画像・エロ写真は、他のエロティシズムの表現を目的とした創作物に比較して、どこがどう違うものだろうか? 小説、体験告白、アニメ、画像、実写ビデオと並べてみた場合、右にある物ほどリアルでそのままをエロ妄想の材料として使える。左にゆくほど、意識はしていなくても変換・加工が必要となる。

 エロアニメには動きや声がある代わりに、リアルさは実際の女性を撮影した写真には及ばない。無論、リアルな方が優れているという事は全くない。それは嗜好の問題であり、どの表現型が適しているかは、受け取る側の個々人によって違う。また、ひとつひとつの作品によって異なるため、「画像」と一括りにするのはやや乱暴なのも確かだ。
 しかしながら、どういう脳内加工をして性的興奮につなげるかは、画像は画像で、小説は小説で、そしてAVはAVで作法がほぼ決まっていると言っていい。アダルトビデオの場合、見ているありのままの世界に自分を当てはめるだけでいい。もちろん、見えているのは作られた世界なのだけど。

 当たり前だが、画像には動きがない。音声もない。なので楽しむ側はそれを補っている ── と書くとマイナスのような印象を受けるが、この補えるというのがエロ画像を楽しむ醍醐味と言っても過言ではない。エロな一瞬を切り取った画像に、見る側が自分でストーリーづけする訳だ。

 とは言っても、いわゆるグラビア写真のように、可愛らしいモデルが定番のポーズで写っている画像では、妄想が働きにくい。こうした写真は、そのままを味わうべきもので、むしろアダルトビデオ的な楽しみ方が合っているといえる。

 妄想して楽しむのに適したエロ画像には、撮る側がそうしたストーリーを意識したものがある。つまり、ミニスカートの子をローアングルから撮って、覗き見を演出したような画像。そして、もう一つのパターンが素人が撮ったような生活感・リアルさが際立った画像である。

 こうした写真は、グラビア系の画像とは違って、サイズが大きくなくとも、画質がそれ程よくなくても楽しむことができる。その代わり、妄想さきるシチュエーションが自分好みでないと、無価値になるという極端な側面がある。
変態とエロス | 2011/04/22(金) 18:00:00

「 エロ画像の楽しみ 」へのご感想等は、こちらから → 【メールフォーム】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。