変態牝奴隷に堕ちる人妻熟女たち

変態牝奴隷になることが、本人と周囲の両方にとって幸せな人妻熟女たちがいる。セックスで性奴に堕ちるのは、知性や美貌や育ち、表面上の性格とは無関係な「牝の血(DNA)」ゆえかもしれない。

表の上側
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セックスシーン
 ネット検索をすると、「現役アイドルの全裸セックスシーン動画」だとか、「有名女優のプライベートセックスシーン流出」だとといったキャッチコピーのコンテンツを、実にたくさん見かける。本当である筈がない ── そう思いながらもアクセスしてしまうのは、確率は低いものの実際にそうしたモノが存在した(とされる)事例が過去にあるからだろう。

 セックスという行為は、単にヌードを公開するのとは違い、とても赤裸々で恥ずかしいものだという感覚がある。裸体を撮られる時、人は身構えているが、セックスにおいてはそうした構えが取り去られ、元々の淫らさがそのまま出てしまう。男からすれば、あの美人のそうした素のいやらしさを見たいと思う訳だ。
 だが、当然ながら映画や深夜枠のドラマ等におけるセックスシーンは、擬似性交である。もちろん局部は写らないし、そもそも表現自体がぼかされている事も多い。例えばドラマ化された「特命係長 只野仁」のセックスシーンは、かなりストレートな見せ方をしているが、描き方は明るくコミカルで、カメラアングルも扇情的になり過ぎないように工夫されている。

 アダルトビデオではコンドームを付けた状態である事が多いが、実際に性交が行われ、その行為の一部始終が様々なアングルから写される。モザイク越しでも、挿入が行われていることが分かる場合が多い。しかし、これもまた作られた映像であり、女優が演技している可能性が残る。そこで見ることが出来るのは、その女性の素のいやさしさとは、かなり違う性質のものだ。

 つまり、見る側にとって最も興奮できるのは、プライベートなセックスシーンだということになる。その刺激の源は、通常の姿との落差である。つまり、清楚な人妻の激しい腰使いであり、お澄まし美少女の情熱的なフェラチオである訳だ。あの女が、セックスするときはこんな顔をするのか、これほど乱れるのかという興奮である。

 同じセックスシーンでも、それが知人のものである場合は、普段のその人を知っているだけに、より落差が明確に意識される。抽象的な「清楚な人妻」と具体的な「近所のあの奥さん」とでは、天と地の違いがある。Winyなどによるプライベート情報流出の事例もあるだけに、現実に起きて不思議は無いという意識が、その興奮に拍車をかけるのもあるだろう。
セックス | 2011/04/26(火) 18:00:00

「 セックスシーン 」へのご感想等は、こちらから → 【メールフォーム】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。