変態牝奴隷に堕ちる人妻熟女たち

変態牝奴隷になることが、本人と周囲の両方にとって幸せな人妻熟女たちがいる。セックスで性奴に堕ちるのは、知性や美貌や育ち、表面上の性格とは無関係な「牝の血(DNA)」ゆえかもしれない。

表の上側
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人妻の性生活
 当たり前の話だが、人妻だからといって毎日セックスをする訳ではない。新婚当初はそういう事もあるだろうが、特に日本においては年数が経過するにつれて、その頻度は著しく低下すると考えられる。出産・授乳等のプロセスで、流産の危険・産後の経過・夜泣きなどへの対応を理由として間遠になり、それが常態化するというパターンが多いと考えられる。

 「セックスする237の理由」というアメリカの大学の研究者が行った調査がある。その中で男女を通じて最多だった答えが「魅力的だったから」というものらしい。相手に対して魅力を感じるというのが、特に若い世代(この調査の対象は1500人の学生)がセックスをする最大の理由かも知れない。
 よほど魅力的な夫であれば別だが、外面だけを見せることが可能な恋人時代に比べ、だらしないところや剥き出しの感情を見なくてはならない夫婦生活では、100%魅力的な相手として映り続ける筈がない。結婚すると男は安心してしまうというか、釣り上げた魚に餌を惜しむという面は少なからずある。

 夫婦によって当然ながら事情が異なるだろうが、夫婦間のセックスの一側面として、絆を確認する儀式という位置づけがあるように思う。肌を合わせるという事は、お互いに敵意を持っていないこと、そして愛情がまだあることの確認。消極的な理由に感じるが、肉体的にだけでなく精神的に充足したいのはあるだろう。

 年とともに相手に魅力を感じなくなくなるから、外に相手を求める ── というのが、不倫の大きな理由に違いない。それと共に、夫婦は純粋な男と女以外の役割を求められるのも大きい。既婚女性は妻であるだけでなく、嫁であり、しばしば母でもある。そうした役割上の問題に加えて、狭い日本家屋でセックスのための空間を確保しにくいという理由もある。

 子どもがいる夫婦だと、お泊り保育、林間学校、部活の合宿、修学旅行などで子どもがいない夜が、いわばハレの日として男と女に戻れる時間であることが多い。単にセックスだけでなく、二人で食事して散歩したり、映画を観たりして、その後でベッドインというが、知らず知らず曇っていた魅力を見る目を取り戻す上策であるようだ。

人妻・熟女の性 | 2011/04/30(土) 18:00:00

「 人妻の性生活 」へのご感想等は、こちらから → 【メールフォーム】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。