変態牝奴隷に堕ちる人妻熟女たち

変態牝奴隷になることが、本人と周囲の両方にとって幸せな人妻熟女たちがいる。セックスで性奴に堕ちるのは、知性や美貌や育ち、表面上の性格とは無関係な「牝の血(DNA)」ゆえかもしれない。

表の上側
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
男女間のアナルセックス
 男同士の恋愛関係におけるアナルセックスは、他に手段が無いからという側面がある。オーラルセックスも当然あるわけだが、それは受け容れる側に快感が生じにくいため、メインにはならないと考えるべきだろう。なので、肛門性交という手段がしばしば採られることになる。

 これに対して、男女間でのアナルセックスは必ずしも必要なものとは言えない。しなければ済む話だし、していない男女の方が圧倒的多数に違いない。元々が生殖器官ではないのだし、本能でする行為ではない。(もっとも、性行為が完全に本能に基づいた行為かについては、諸説あるのだが)
 実際に行うのは、感染症やAIDSを含め、衛生面で多大な問題がある。また、肛門そのものが性器を(というより、異物を)受け容れる事に適していないため、物理的に粘膜や皮下組織、筋肉組織を損傷する可能性が高い。これはスキンやクリームによってある程度は避け得るが、危険であるのは間違いない。

 俗に「アナルは締りがいい」と言われるが、肛門付近はそうであっても、構造的に見ても奥は膣のような締め付けは期待できない。このようにマイナス要素だらけであるにも関わらず、アダルトビデオでもアナルセックス物は定番化しており、安定した人気を保っている。

 男がアナルセックスに興味を示す理由は、一つには単純な好奇心だろう。膣でする通常のセックスとどこが違うのか、その感触や女性の反応に興味がある。それは、官能小説のセックス描写であったり、エロマンガやアダルトビデオで、アナルに挿入された女性の善がる様子から得た知識によるだろう。

 しかし、理由はそれだけではない。好奇心だけでアナルセックスをしたがるタイプは、相手が嫌がると比較的あっさり引き下がる場合が多いが、拒まれてもしつこく挑みたがる男性の動機は、支配欲・嗜虐欲であることが多い。

 他の男にはさせない行為を、自分に対しては許してくれたという満足。アブノーマルな行為を強要することで、相手を変態として貶める喜び。そして、相手の体や心を痛めつけることで得る嗜虐的な快楽。そうした二次的な快感を求める心が、男をアナルセックスに向かわせる気がする。
セックス | 2011/05/02(月) 18:00:00

「 男女間のアナルセックス 」へのご感想等は、こちらから → 【メールフォーム】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。