変態牝奴隷に堕ちる人妻熟女たち

変態牝奴隷になることが、本人と周囲の両方にとって幸せな人妻熟女たちがいる。セックスで性奴に堕ちるのは、知性や美貌や育ち、表面上の性格とは無関係な「牝の血(DNA)」ゆえかもしれない。

表の上側
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人妻のパンチラ
 人妻というものは、あくまでも清楚であっていただきたい。何でも舞台裏は大変なのはよく分かるが、映画「さびしんぼう」の立花百合子のように「美しい方の横顔だけを、あなたはずっと見ていてください」というスタンスでいて欲しい。それでこそ、世の独身男性は既婚女性に対する憧憬を失わずに済むのだから。

 一方でパンチラとは、女の油断の象徴のようなものだ。女性にしてみれば男の卑しさの象徴かも知れないが、特に見る気はなくとも、思わず目が吸いつけられれてしまうというのはある。パンチラを見ている自分の姿に気づかれるのは、男としてとても決まりが悪いので、チラ見することになる。多くの場合、ガン見は難しい。
 最初に書いたような理由から、だらしない雰囲気の人妻は魅力が半減する。だが、姿かたちがすっきりしているのと、操が固いというのは別の事だ。いかにも清楚に見えるが、尻軽という奥様は存在するし、そういう女性は夫以外の下心を持った男たちににとっては、とても都合がいい交際相手であるだろう。

 人妻のパンチラとは、そうした姿かたちが清く美しい既婚女性に生まれる心の隙、その現われではないだろうか? パンチラを他人に見られるには、例外を除いてはスカートを穿いている必要がある。不可抗力によるパンチラも当然あるが、特殊な場合を除いて危険はパターン化されていると考えてよく、穿く側はそれに備えることを期待されている訳だ。

 その意味では、派手な露出の多い服装をした人妻のパンチラは、レア度が低いだけでなく、興醒めな側面も大きい。若い娘や独身女性であれば、放埓に振舞っても不思議はない。また、見られたっていい、あるいは見られることで相手の関心を惹こうというのも、わからなくはない。だが、人妻はそうあってはならないと思う。固いガードにも関わらず、稀に垣間見ることができる心の隙、そういう風情が望ましい。

 逆の視点で考えれば、人妻が夫以外の男性から人気を集めたいと思ったら、上のようなパターンを演出するのが得策ということになる。男なら誰でもいいというなら話は別だが、それなりに自分を大切にしてくれる男を求めるならば、有効なスタンス、意味のあるパンチラ活用法ではないだろうか?
人妻・熟女の性 | 2011/05/04(水) 18:00:00

「 人妻のパンチラ 」へのご感想等は、こちらから → 【メールフォーム】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。