変態牝奴隷に堕ちる人妻熟女たち

変態牝奴隷になることが、本人と周囲の両方にとって幸せな人妻熟女たちがいる。セックスで性奴に堕ちるのは、知性や美貌や育ち、表面上の性格とは無関係な「牝の血(DNA)」ゆえかもしれない。

表の上側
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恋愛とセックス
 すべての恋愛にセックスが不可欠かと言えば、そうではないだろう。異性に対する思慕の中には、肉欲の方向に向かわないものもある。一つは恋愛感情を抱く側が、そうした欲望を持ちにくい性格・状況・年齢等であるケース。二つ目は、相手がとても高貴で清楚で、セックスの対象としては見れないというケース。

 そして三番目が、互いの関係がセックスを望んではならない性質のものであるケースだ。例えば、既婚女性に対する恋慕、肉親に対する想いといったものがこれにあたる。ただ、これらは社会的なタブーなのだが、相手が結婚していると知らずに、あるいは別々に育った等の理由で血が繋がっていると知らずに、セックスの欲求を感じることはある筈だ。
 また、知っていたからといって、必ずしもその種の欲求がなくなる訳でもない。もちろん抑制が効く場合もあるだろうが、「禁じられた愛だから燃える」という要素もあるだろう。また、近親相姦に比べて不倫は、昨今は特にタブーの度合いが軽くなりつつあるという風潮も見受けられる。むしろ、人妻との交際はセックスを意味するというイメージが定着している。

 一方で「純愛」という言葉は、本来の「邪心のない、ひたむきな愛」という意味合いもであるが、「快楽を目的としたセックスとは無縁の恋愛」というニュアンスも色濃い。その意味では、恋愛にとってセックスとは打算や自己中の象徴であるとも言える。

 恋愛において交歓を成し遂げる筈のセックスに、どうして疎まれる面があるのか。女性の側からすれば、ロマンチックではなくなるという事だろうし、安易に男性側の要求に応えると、尻軽・スキモノとして思われる心配があるからだろう。逆に考えると、それらを感じさせない誘い方をすれば、受け容れられやすいことになる。

 加えて、異性の性感がわからないために、結果として独りよがりのセックスになってしまい、その姿が相手に不快感を与えるというのもある。それを避けるために「どんなセックスが、彼女(彼)に喜ばれるか」を分析・紹介する記事が、男性誌だけでなく女性誌においても再三特集され、好んで読まれている。

 本来的には、恋愛感情とセックスはいわば自転車の前輪と後輪のようなもので、両方が円滑に機能することで交際がスムーズに進むという面は否定できない。しかしながら、世の中には一輪車も存在する。だから、必ずしもペアでなくては存在し得ない訳ではない。但し、その運用には自転車とは桁違いのバランス感覚が必要なのも、また確かである。

セックス | 2011/05/06(金) 18:00:00

「 恋愛とセックス 」へのご感想等は、こちらから → 【メールフォーム】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。