変態牝奴隷に堕ちる人妻熟女たち

変態牝奴隷になることが、本人と周囲の両方にとって幸せな人妻熟女たちがいる。セックスで性奴に堕ちるのは、知性や美貌や育ち、表面上の性格とは無関係な「牝の血(DNA)」ゆえかもしれない。

表の上側
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クンニリングス(1)
 男性の中には、セックスの場に臨んだら、とにかく挿入という人も少なくないらしい。男性の側が極端に若い場合、そうされることは人妻熟女にとって新鮮でもあり、刺激的でもあるだろう。しかし、それが毎度となるとやはり不興を買いやすい。
 
 長年連れ添った夫婦であっても、まず指でいじって、濡れるか濡れないかのうちにインサート。三こすり半はオーバーにしても、ものの5分で射精というセックスが多いらしい。飽きによる惰性という面もあるだろうし、男性が自分のことしか考えてないとも言える。
 いつもそうされている人妻や熟女は、特にクンニリングスをして欲しがっている。それも、挿入のために唾液を愛液の代わりにするとかでなく、女を感じさせること自体を目的にしたクンニを。それが、自分を物扱いをしていないことの証拠と受け取られる。
 
 これは人妻や熟女に対してだけではないが、中心部分をすぐには攻めない方がいい。下着を脱がさずに、内股から恥丘、鼠蹊部辺りを舌で舐めてみる。適度に焦らしつつ、ショーツの端に舌の先を挿し込もうとしてみたり。
 
 女性が感じてきたら、パンティに手を伸ばす訳だが、敢えて脱がさずに股布を脇に寄せた状態で、クリトリスからヴァギナに舌を這わせるやり方もある。腰の辺りでショーツを少し回してずらせると、股間を剥き出しにしたままクンニがしやすい。
 
 裸体や局部を見られることを極端に嫌がる女性以外は、照明はほんのりと明るい方がいい。男性の息が肌に当たることで、至近距離から目で犯されているという感覚が強調され、それが熟女の興奮を呼びやすい。もちろん、視姦NGのようなら無理強いはしないことだ。
 
 太ももをさすりながら局部をじっと見つめたら、「本当に綺麗だ」という意味のことを口にするのがいい。「可愛い」でもいいと思う。女性の中には、自分の性器は形が変だと思っている人が思いのほか多いので、セックスの前にコンプレックスを取り除いてやることが重要である。
 
テーマ:淫らな肉体 - ジャンル:アダルト
セックス | 2011/06/16(木) 13:38:41

「 クンニリングス(1) 」へのご感想等は、こちらから → 【メールフォーム】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。