変態牝奴隷に堕ちる人妻熟女たち

変態牝奴隷になることが、本人と周囲の両方にとって幸せな人妻熟女たちがいる。セックスで性奴に堕ちるのは、知性や美貌や育ち、表面上の性格とは無関係な「牝の血(DNA)」ゆえかもしれない。

表の上側
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
羞恥は快感への近道
 恥ずかしがることで、感度が増す女性は多い。これは女性の羞恥心を上手にコントロールできれば、性感を大幅にアップさせることが出来るということだ。

 何を恥ずかしいと感じるかは、年齢や性経験とともに変化してくる。たとえば処女の場合、相手が好きな人であったとしても、男性の目の前で裸になるだけで、強い恐怖と羞恥心を感じる人もいる。しかし、その同じ女性が性経験を重ねてゆくに連れ、セックスのために服を脱ぐのを、それほど恥ずかしいとは感じなくなってくる。

 それは、セックス=「二人が裸になって、寝室で灯りを絞って行うもの」という常識が、彼女の中に定着するからに他ならない。行為そのものに対する慣れもあるが、自分にとっての当たり前が確立することが、羞恥心が抑えられてしまう主たる要因だ。
 つまり、人妻や熟女を感じさせたいと願うなら、既存の回路から外れた経験をさせることが、大切だということになる。たとえば、次のようにシフトさせる訳だ。

 セックスは、二人でするもの → 可能なら、三人以上でする。無理ならば、女性一人にオナニーをさせて、それを見てやる。行為中、AVをつけておき、相互鑑賞の気分を味わう。

 セックスは、寝室でするもの → 浴室、押入れの中、玄関、ベランダ、中庭、山の中、海辺の岩場などでする。挿入が無理なら、フェラチオをさせる。

 セックスは、裸でするもの → 着衣のまま、ショーツを横にずらせてする。あるいは、ショーツの股布をくり貫いておいて、立ちバックでつながる。

 セックスは、灯りを絞ってするもの → 部屋の灯りをすべて点けてする。朝や昼間にする。暗闇の中でペンライトを使いながら、クンニリングスする。明るい中で、女性に目隠しをさせてする。

 シチュエーション関係に限っただけでも、外す方向はこれだけ見つかる。タコになったような硬い表皮を無為に刺激するのでなく、普段触れない粘膜を探り出し、そこを刺激することが、羞恥 → 快感への近道だと言えるのだ。
 
人妻・熟女の性 | 2011/07/22(金) 18:38:10

「 羞恥は快感への近道 」へのご感想等は、こちらから → 【メールフォーム】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。