変態牝奴隷に堕ちる人妻熟女たち

変態牝奴隷になることが、本人と周囲の両方にとって幸せな人妻熟女たちがいる。セックスで性奴に堕ちるのは、知性や美貌や育ち、表面上の性格とは無関係な「牝の血(DNA)」ゆえかもしれない。

表の上側
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女性をセックスで支配する
 女性をセックスで支配することが現実的に可能かというと、セックスだけでは難しい。たとえ出来たとしても、一時的なものだろう。
 
 継続的な服従は、支配する男性との信頼関係から生まれる。すなわち、暴君的な支配ではなく、庇護というスタンスが必要になる。守られていると感じるから、女性は身を委ねることが出来る。人妻熟女においては、特にそれが顕著だ。
 
 では、信頼とは何かと考えてみると、秘密を守ること、相手を傷つけないこと、過度の負担を掛けないことなどが、その構成要素として考えらる。当たり前のことと言えるが、これらの土台の上に築いたセックスには安心が伴う。
 
 安心感のあるセックスでは、女性は性的刺激に対して素直になれる。しかし、一方でセックスがマンネリになると、刺激が刺激として作用しなくなる。つまり、安心感とマンネリは別物だ。
 
 女性にとって新しいプレイに挑むのは歓迎なのだが、それが自分の体を傷つけることだったり、人妻や熟女としての自分を配慮してくれていないと感じるものであると感じれば、途端に感度は鈍る。女性は、大脳でセックスするのだから。
 
 女が求めている刺激の本質は何であるのか。その点をよく弁えて、適切なタイミングで与えてゆける男こそが、セックスで人妻熟女を支配する資質があるといえるだろう。
セックス | 2013/02/13(水) 17:13:09

「 女性をセックスで支配する 」へのご感想等は、こちらから → 【メールフォーム】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。