変態牝奴隷に堕ちる人妻熟女たち

変態牝奴隷になることが、本人と周囲の両方にとって幸せな人妻熟女たちがいる。セックスで性奴に堕ちるのは、知性や美貌や育ち、表面上の性格とは無関係な「牝の血(DNA)」ゆえかもしれない。

表の上側
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全裸の女と半裸の女
 全裸の女と半裸の女で、どちらがエロチックか? 当然ながら趣味の分かれるところだと思うが、屋外ヌードとして捉えた場合は、全裸の方が圧倒的に刺激的な気がする。半裸の例としては、女性が野外で放尿をしている姿を垣間見る、岩陰で水着に着替えている様子をたまたま目にする等が考えられるが、それらはあくまで日常の延長という感じがする。

 逆に室内でのヌードの場合、入浴をイメージさせる全裸よりも、薄物を身にまとったセミヌードの方が興奮を誘うように思える。寝室で普通にセックスをする時には大抵は全裸になるが、キッチンやリビング、玄関といった家の中でも公共性のある場所でする時には、半裸のケースが多い。そこから来るイメージもあるだろう。
 屋外に限定して考えると、全裸という状況は異様であり、非日常的だといえる。人ごみの中で、コートの前を広げると中には何も着ていないというシチュエーションも興奮するが、郊外の人気のない野原であっても、衣服を手に持っていない状況で女性が全裸でいる様子は、さながら白日夢のように思える。

 逆に、日常の中に映像ノイズのように非日常が入り込むシチュエーションとしては、裏地を取り去ったシースルーのワンピースや水着姿で、衆人環視の中を歩く女性というのがある。本人がそれと気づいている場合も、そうでない場合もあるだろう。前者は羞恥責めの有効な方法の一つと言えるだろう。

 ヌード写真における生活感という視点で考えると、撮り方にもよるが、普段着を一部だけ身に付けて、乳房や尻を露出した写真は生活感が強くある。逆に全裸は女性から生活観を剥ぎ取るように思える。もちろん生活感の色濃さは、女性自身の体型を含めた容姿に左右されるのは、間違いないと思われる。


テーマ:フェチ - ジャンル:アダルト

変態とエロス | 2011/04/08(金) 18:00:00

「 全裸の女と半裸の女 」へのご感想等は、こちらから → 【メールフォーム】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。