変態牝奴隷に堕ちる人妻熟女たち

変態牝奴隷になることが、本人と周囲の両方にとって幸せな人妻熟女たちがいる。セックスで性奴に堕ちるのは、知性や美貌や育ち、表面上の性格とは無関係な「牝の血(DNA)」ゆえかもしれない。

表の上側
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夫婦のセックス
 夫婦のセックスは、結婚からの時間が経つにつれて次第に減ってゆく。普通はそうだろう。それは、男女双方の体力的な衰えもあるだろうし、子どもの成長によってセックスをする自由が制限されてゆくという要素もある。しかし、本当に相手を抱きたいと思うなら、そうした障害も障害も何とかしようとするだろう。そう思えないのは、相手とのセックスに飽きて来たということだ。

 生殖のためのセックスをするのは、結婚生活のうちの一時期でしかない。これにも例外はあるが、結婚直後には避妊をして交わり、時期を見て生でセックスし、予定通りに子どもを授かってからは再び避妊を始めるという夫婦が、日本においてはマジョリティであるのは間違いない。
 夫婦の寝室が同じか、別々かというのも、夫婦のセックスに与える影響は大きい。手を伸ばしたそこに相手の体があるか、それとも同じ家の中とはいえ、別の部屋に行かなくてはならないかは手軽さの面で大きく違う。手軽に出来ることが必ずしもいいとは言えないが、別寝室だと頻度はどうしても落ちる気がする。

 同じ相手と同じようなセックスを、ずっとし続けるという部分に問題を見出す夫婦もいる。相手を変えるという対処の中で、伴侶に非公認なものが浮気であり、公認のものがスワッピングや夫婦+1の形での3Pであろう。

 また、趣向を変えるという方向では、例えばソフトSMや写真・ビデオ撮影、コスプレなどがある。また、車の中や野外など、普通ではしない場所でのセックスも目先を変えて、新しい刺激を得るために行われることがある。


セックス | 2011/04/10(日) 18:00:00

「 夫婦のセックス 」へのご感想等は、こちらから → 【メールフォーム】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。